温泉も好きだけど、スーパー銭湯も変わらず好きなんですね。

 
 



 
5年ぐらい前は各地で穴を掘っては日帰り温泉、スーパー銭湯を作っていました。
運営者の経営的理由から・・・大分淘汰されてしまいしたね。
自分の住まい近辺のことを例に挙げて書きますと、5年前は5キロ圏内に新築されたスーパー銭湯が3軒ありました。
今では2軒となってしまいました。

 

いまでもそのうちの1軒はよく通っているのですが、一時期、利用客の質が良くなかったのでしょうか。
入浴後の洗面スペースに化粧水、乳液がありませんでした。
まぁ、その程度はよくある話ですが、綿棒やティッシュペーパーすらなくなっていたから驚きでしたね。

 

今までと同じ金額を支払っているのに、なんてことだ!

 

最近は化粧水も乳液も綿棒もティッシュペーパーも復活しているので、たまに癒されに行きます。

Sponsored Link

 

湯河原から毎日湯を直送しているスーパー銭湯を利用する。

 

帰宅するのも面倒になったので、一度スーパー銭湯で宿泊したことがあります。
いつもは昼間からたっぷり夜までスーパー銭湯にいるのですが、この日は夜から朝までスーパー銭湯です。
仮眠スペースもあるので寝れば良いのですが・・・
日の出が見たいとかくだらないことを考えだし、睡眠時間2時間程度でスーパー銭湯満喫していました。

 

岩盤浴スペースを満喫。

 

そこには温泉施設だけではなく、岩盤浴もあったんですね。
岩盤浴の利用者には1本ずつペットボトルが配られます。
もちろん、無くなったらまた新しいボトルを渡してくれると言う素晴らしいサービス。
その他にも岩盤浴休憩スペースには各地の美味しい水が入ってるウォーターサーバーが3台設置してありました。
もちろん、その隣には雑誌も置いてあります。

 

いやぁ・・・これでコーヒーがセルフサービスで飲めるならば、ここ、喫茶店ジャン。
そんな気持ちで富士山麓の水、軟水とかかれたどこかの地名の水、硬水とかかれたどこかの地名の水を頂いていました。

 

水に関して味音痴な自分でもわかる、岩盤浴後の水感覚。

 

夏になると脱水症状で本日救急車が何台出動しましたとニュースになりますよね。
日常生活を普通に送っていれば、脱水症状状態になることはあまりありません。

 

でも、岩盤浴に関しては少し体の余分な水分を抜いておこうと、個人的に脱水症状にさせることも目的としています。
普段の生活で発汗行動が鈍感になってきてしまった毛穴を開いて、全身から汗を出す。
そのためには体を徐々に温めること。

 

冷えている内蔵も温めることも必要になるようです。
温かい方が動きが活発になるようですね。

 

汗を大量に出した後だったので、体は水分を欲します。
また、感覚器もデトックスしたのですかね?
舌の味覚センサーもわずかな甘さ、硬さ、重たさが分かるようになったのです。

 

自分にも何か新たな感覚が目覚めたか。
素敵なアイデアが山のように浮かぶのではなかろうか・・・
そんな軽い興奮を抱きましたが、結局は簡単に終了しました。
やはり凡人だったようです。

 

 

でも、そんな凡人でもひとつ気が付けたことがあります。

 

あまりにも行き詰った選択肢しか残されていない時、一度すべてをリセットしてみること。
今回はスーパー銭湯に行き、洋服も脱ぎ捨てて裸になって考えてみました。
自分の体内に溜まっていたものを、なかなか出なかった汗と共に洗い流し、気が付いたのは水の味が異なること。

 

そんな繊細な味にも今まで気が付くことがないほど、自分を追い込んでいたということなのかもしれません。
ひとり利き水大会をするぐらい、体も気持ちもリセットすることは人間生活を営む上で大事な作業のひとつかもしれませんね。

 

 

今回紹介した商品

 

 

「天海の水」3種類お試しセット。飲み比べもできます。

 

  • 「海洋深層水」ロングセラーNo.1の「天海の水 お試し3本セット ¥980 」のご紹介です。
  • ミネラルたっぷり硬度1,000、硬水初心者にお勧め硬度250、飲みやすい超軟水と個性派揃いの商品が一度に試せる3本セット。
  • 硬度1,000:数多くの研究が行われている水で、天海の水シリーズの代表作です。ずしりと感じるミネラルの多さ。飲めば直ぐに違いが分かります。
  • 硬度250:流行のスムージーに使えば、Mg量120%UP!健康と美味しさが両立出来ます!。
  • 軟水: 2009年・2012年の世界料理サミットのオフィシャルウォーターに連続で認定された超軟水。飲用に料理に!

 

 
 

 

イオウは含まれていないのに、ヌルヌル、さらさら、ぽかぽか、“温泉感”入浴剤

 

  • 昭和37年創業入浴剤メーカー、創業以来口コミを中心に販売を拡大。
  • 入浴剤開発のきっかけは温泉(湯の花)の効用をご家庭に届けることを目標にしてきました。
  • 世界で唯一の栽培する湯の花を精製・熟成し豊潤ミネラルとして使用。
  • 赤ちゃんやお年寄りにもお使いいただける、弱アルカリ性のやさしい湯質。
  • イオウは含まれていないため浴そう、風呂釜を傷めません。